RE: きのこ部

友人が、岐阜県は恵那市の「みのじのみのり祭」に行ってきたそうな。
「名物・200m焼まつたけ」というのを堪能してきたそうな。

うう、うまそう…。秋の風物詩ね。

うちは裕福であるかというと明確にそれとはアンチな経済状況のおうちでしたが、父親が古いタイプの商売人(笑)なので、秋は松茸、冬はてっちりを!という家庭でした。わたくしももちろん大好きです。松茸。

焼きまったけ、美味しいなぁ。炊き込みご飯も最高ォ!
個人的には、「どびんむし」が好きやったりする。

しかし、実はこちらも「きのこ部」やってました。

キャストがちがうけど(笑)先日相方が買ってきた「生しいたけ」がすごく美味しかったのであります。

これまたひとパック300円程度のモンなんだけど、むちゃくちゃでかくて肉厚。青森県産らしいが、じく(いしづき)の部分も、まさに松茸のような歯ごたえ!

基本的にしいたけは干したものを好む(腐らないから)のでありますが、さすがに濃厚な味わいは乾燥ものにアドバンテージがあるものの、生しいたけ、すばらしい歯ごたえと香り。しいたけキライな人が嫌う、あのニオイではないのであります。

関東ではメジャーなんかな、こんなしいたけ食べたことない!

赤とうがらし、にんにく風味のトマトソースに、ポルチーニ茸みたいな感じで入れてきのこスパゲッティとワイン♪で秋の夜長を楽しみました。

食いきれなかったので、翌日は炊き込みご飯♪
美味しかったぁー。

また買ってきて、次回は網であぶりながら、醤油と七味でいきたいものであります。これは、「さつま島美人お湯割」とかが登場したりなんかすると、それはもう、はてなき「フロム・ダスク・ティル・ドーン、そして:どろ酔いトワイライトゾ−ン」てな事になっちまいます。うーむ。発想が「厚揚げ」と同じだな。やだおじさんったら。

いや、松茸みたいな高級品はあたりまえかも知れんけど、ともかく、やっぱり季節というか、「旬」のものは安くて上手いね。こういう四季折々の味覚がある、そういう意味で、日本はなんて豊かなんだろう。

食料自給率をばんばん上げて、この日本のおいしいお米や農産物を世界の食卓に届けたい!と思いました。そんな仕事考えてみようかな。フランスの高級レストランで、「コメはイワテのヒトメボレをベースとした当店オリジナル・ブレンドです。これが入ってこなくなったら、うちは店をたたまないといけません」なんて、素晴らしいミライ。「アムロ、聞こえて?」

…なんか最近日記がくどくて長いなぁ。ヤキがまわってきておるのかね。むふふ。

カテゴリー: 超人たちの食卓 | コメントする

ビンタンビールで乾杯!

ということで、本日はインドネシア料理「ジュンバタン・メラ新宿店」へ行き、本日振り込まれた給料を消費するのに精を出していました。

元、某クーポンマガジンのネット版、赤坂・六本木エアリア制作担当だったので、その界隈での飲み会が多かったの。

んで、赤坂飲みの時は、カメラマンNT氏がジャワとかおなじみだったつながりで、よく2次会とか、赤坂のメラに行ってて、 ガムランの生演奏の夜は無理矢理仕事をあげて男三人で行ったりしました。

何故か今宵はインドネシア料理とビンタンビール、と思って赤坂店のクーポンを探すも、ない…。どういうことや!と元担当者にねじり込み…もとい、問いつめようかと思ったものの、より職場に近い新宿店が掲載されていたので、なんとなく消化が悪いものの、出かけました。

突然お店におしかけ、「要予約」の[飲放]付きコース4500円→3980円のクーポン(しかもケータイの画面を見せるだけ♪)をムリにお願いして使う。かなん客やの。

てか、奥さんこのコースかなりお得でっせ。サラダから何から、腹はちきれるくらい食いました。最後にデザート(お約束のバナナの揚げたやつ、うまーい!)と、コピ(バリ式の濾過しないコーフィーね、これまたうまい)までつきました。

超高級店ではないが、個人的に赤坂のメラはかなり美味しいと思っていたのでありましたが、こちら新宿店も遜色ございませんでした。インドネシア料理は初めてという相方も実に気に入ったもよう。さらにお手軽なコースもあるし、また会合やろうっと。

カテゴリー: よいよいグルメ | タグ: , | コメントする

沖縄BOX到着!

沖縄BOXいやぁ、朝がゆっくりだとこういう事も。
沖縄のミキちゃん(偽名)から荷物がとどいた9:15。

うわー!酒、酒に豆腐よう、お菓子いっぱい!!

あーりーがーとーう!

カテゴリー: 無駄口 | タグ: | コメントする

イタリア トスカーナ ワイン紀行 番外編「俺が覗いたアッシジ」

イタリアの旅行の写真をもういちど見返していて、やっぱりほくそ笑んでしまう写真があるのであります。

アッシジ

今回、トスカーナ州だけでなく、オプショナルツアーとして、ぐいっとローマ寄りのウンブリア州のアッシジ、ペルージャ(中田英選手が所属していました)へも足を伸ばしたのですが、そのアッシジ、偉大な聖人の眠るサン・フランチェスコ教会には、超有名なジォットのフレスコ画があり、そのへんが観光の目玉なのですが、僕には別の目玉がありまして。

続きを読む

カテゴリー: | タグ: , , , | コメントする

イタリア トスカーナ ワイン紀行 2006.5.6 「屋根のない美術館その1」

7:00のモーニングコールで起きて、せっせと用意したのだが、朝食におくれてしまったダメな私たち。

朝食は前述したとおり同じラインナップ。だ、が!卵がもうなかった… orz。悔し紛れにコーヒー2杯飲みました。

c0004670_2245771

今回は、写真がないので、資料っぽいものでお送りします。これは、宿泊したホテルのルームカード。なんか、1度消したような怪しい痕跡もみうけられるものの、チェント・ヴェンティ(120号室)って書いてあるでしょ?

今朝は食事をフルスピードで切り上げて(コーヒー2杯は飲んだけど)Mercato centrale(フィレンツェ中央市場)へ行くのであります、Go!

続きを読む

カテゴリー: | タグ: , , , | コメントする
1 56 57 58 59 60 61 62