[ライヴ告知] BabySnake Live 2018-09-20 (木) 銀座ロッキートップ

2018年9月のライヴです!

オリジナルにカヴァーをとりまぜ、アコギ、エレキをあやつり、歌います!

Faceboookのイベントございます↓
www.facebook.com/events/583101158754727/

BabySnake :ギター&ヴォーカル
大阪生まれ。幼少の頃より両親の影響で幅広く音楽に親しみ、13歳でDavid Bowieのライヴ映像に衝撃を受け、ロックに目覚める。中学でキーボード、高校でエレキギター、大学で作詞・作曲を始める。’70年代のブリティッシュ・ロックの影響下、ハード&プログレッシブを根底に、宅録的な凝ったサウンド、内省的な日本語詞に明解なメロディを組み合わせた叙情性に加え、MTVエイジの綺羅びやかなポップワールドやギターへの偏愛、突然あらわれる変拍子やフランク・ザッパへの傾倒を含む、ヒネリの効いたポップな世界を展開。近年はルネサンス音楽のアンサンブルにも参加し、活動の幅を広げ、2016年にはみずからバロックギターの製作も行う。2014年よりギタリスト/ウクレレプレイヤーの山口岩男氏に師事。ライヴではエレキ&アコギにルーパーや打込みオケを組み合わせ、オリジナル曲に加え、TMネットワークから歌謡曲、キング・クリムゾンまでを独自のロックワールドにまとめ上げる。

当日は3ステージ制となっています。

1st Stage 19:30-20:10
2nd Stage 20:40-21:20
3rd Stage 21:50-22:30

1回のご入場で、すべてのステージをご覧いただけます。(入れ替え等はありません)

前売りチケット等はありません。下記の料金がかかります。
↓↓↓
カバーチャージ¥2000+テーブルチャージ¥300=¥2300×消費税8%=¥184でトータル¥2484
一桁はご注文とのトータルで切り捨て
※上記プラス、ドリンク&フードのオーダーをお願いします

※ロッキートップのウェブサイトにて、5%オフのクーポンをダウンロード、印刷のうえお持ちください!
www.liverocky.com/

なお、行き方・道順をブログに掲載しましたので、ぜひご参照ください。

ロッキートップへの楽な行き方(ベビスネ流)

皆様のお越しをお待ちしております!

カテゴリー: ライヴ告知 | タグ: , , , , , , | コメントする

緊急発売決定!ライヴ会場限定CD-R「みんな君の瞳のせいで EP」

みんな君の瞳のせいで EP

たくさんの「CDはないの?」という声にお応えして。いや、音源つくるつくる詐欺状態になっているうしろ暗さもあり、リリースのタイミングとか、音質のシヴィアな追い込みとかはおいといて、かれこれここ3年くらい七転八倒していた録音活動の片鱗を、なんとかお客様に届けたいと思い、ここに、まぁCD-Rですが、用意させていただきました!

ライヴ会場限定で販売(通販はなし)全5曲いり、価格は今のところ未定。9/20のライヴで発表します。ええ、じゃんけんで勝ったら…とかではなく!(笑)

1. みんな君の瞳のせいで
2. 方舟は堕ちた(ナチュラル・ヴァージョン)
3. 水曜日
4. Happy Birthday
5. ウルトラ・ニッカ・ポッカ(アコースティック)

曲は、大島で販売したCDとちょいかぶっておりまして恐縮なんですが、本ちゃんのアルバムを発表するまでは、こういう感じのリリースが続くと思います。それぞれ少しずつ違うので、コレクターズアイテムだと思って勘弁してやっておくんなまし…。それぞれ限定版なので。

楽曲と音質に関しては、ほぼパーフェクツなところまで作り込んでおいたものを、えいやと出すので、そこの品質は担保できています。プリントされたCDときちんと印刷されたジャケとか、体裁が間に合わないだけでございます。

マスタリングも自分でやりました。音圧がそこまで要る音楽ではないものの、ほかの市販CDとか聴いたあとにかけたら、えらいショボい、みたいな事にはならないようにしっかり作り込みました。ええ、ライヴの練習そっちのけでw

しかし、SoundCloudとかYouTubeとかにちょろちょろ上げていたり、ライヴでしか演奏していない、アレとかアレとか、たんまり作りだめはしておりますので、こういったものをどんどん放出していこうと思っておりますので、つづいてどんどん出てくるかと思いますので、お楽しみに!

つかまぁ、このご時世にCDかよ、って話ではありますが、そこはライヴミュージシャンですので「手にとれるモノを手渡して、あなたとコミュニケーションしたい」を念頭に製作しております。もし、「聴きたいけどCDを再生する機器がねーや」という場合は、会場でお声がけください。交渉に応じます(笑)ま、きょうび、いろんなテがあるっちゃあるので、検討・対応しまっせ〜ということで。

では、9/20のライヴ、ご来場お待ちしておりま〜す!

カテゴリー: こんな音楽やってます, 音楽, 音源リリース | タグ: , , , , , , , , , , , , , | コメントする

ペンションの裏庭で演奏した「方舟は堕ちた」

8/31〜9/3まで、とある音楽合宿にスタッフとして参加し、ルネサンス音楽の通奏低音をやったり、チェンバロの調律・運搬、はたまた動画撮影などを担当しました。

信州・峰の原高原のすてきなペンション、ハイジ・ホフで開催されたのですが、わたくし、合間を縫って、裏庭に三脚とギターを持ち出し、方舟を歌っておりました。

バロック〜ルネサンス音楽の通奏低音をやるので、A=415Hz(約半音下げ)での演奏かつ、中腰(笑)しかも、後頭部が後ろの枝に当たりながらの不思議な品質になってしまった動画ですが、一生懸命演奏しました。

そもそもは、高原の景色をビデオにおさめて、「方舟」のちゃんとしたMVを作ろうと思っていたものなので、そのうちこの映像も編集されてそちらに含まれることとなりましょうや。

いつものスティール弦のノクターンではなく、ナイロン弦を張ったアナザーノクターンです。合宿のあいだじゅう、この子を弾いていたのですが、弾けば弾くほどいい音!めっちゃお気に入りになりました。

撮影したのはこんな場所
撮影場所を下手側からパチリ

お部屋から見えました
実は宿泊したお部屋から見えていて、いいなぁ〜と思ってゴソゴソと向かったのでした!

ハイジ・ホフ ファサード 2018夏

ハイジ・ホフ関連の投稿
山賊ズ@高原、素晴らしい一夜!
高原での、ある日とある夜
合宿が終わります

ということで、よろしければYouTubeチャンネル登録お願いします
bit.ly/2OXizTy

ビデオのアップ頻度を上げていこうと思っております。

カテゴリー: こんな音楽やってます, ビデオコンテンツ, 音楽 | タグ: , , , , | コメントする

BabySnakeの所有ディストーション・ペダル

歪ませ放題です
#distortion #pedalboard #pedals

歪ませ放題 #distortion #pedalboard #pedas

後列左から、tc electronic DARK MATTER、 BOSS MT-2 Metal Zone
前列左から、Marshall The Guv’nor(初期型)、Ibanez TS-5

ほかにもSansAMP GT-2
SansAMP GT2

DARK MATTERは、大型アンプの、けっこうブーミーな歪み。あまり細かく歪まないのと、意外にコンプ感が少ない。「アンシミュ→小さめのスピーカー」でも、あの感じの音がでてくるのが凄い。
MT-2は、もうおなじみの「ボスメタル」。名前に反してクランチから、けっこうスラッシーな音まで、とよくあるレビュー。
Guv’norは、初めて友達から買ったディストーションペダル。低域がすっきりしていて、めっちゃいいです。ブースターとして使ってもいい感じ。意外にフェンダーのツインとかをドライブさせるとかっちょいい音がします。
TS5は、外見から「ゴキブリ」とか言われて、スイッチも踏み損なう場合のある、チューブスクリーマーの中でも不人気ですが、ブースターに使ってよし、思いっきりドライブさせてもよし。どんなアンプの前に居ても使えます。
GT-2は、私のリファレンスです。JCM800をクリーンでバカでかい音にしてもいいし、スタジオのJC-120をメタルサウンドにすることも可能。最近は待機していることがおおいですが。

BabySnakeのインスタグラムでは、けっこうプライベートというかどうでもいいことをつらつらとアップしております。

カテゴリー: インスタグラム, 機材ばなし, 音楽 | タグ: , , , , , , , | コメントする

ラヴソング対決!『みんな君の瞳のせいで』VS 『ひぐらして』


唐突に新曲が登場した発端は、親愛なる調律師・楽器製作者の 加屋野木山氏とのお仕事での移動中「そういえばオレたちラヴソングって苦手だよね」というお話になり、そういえばコンペとかでない限り、そういうお題を絞って歌を作ることってないなぁと。では、定期的に競作しようじゃないデスか!ということで、まずは2018年・夏は「ラヴソング作詞・作曲で対決!」になりました。

BabySnake この夏の新曲『みんな君の瞳のせいで』

今回、私は村下孝蔵さんのようなみずみずしい歌が書きたいと思いました。そして、自分の中でラヴソングを聴いていたころ、というのを考えたら、やっぱり 中学生・高校生くらい、Mid’80sと思って作ったところ、キラキラ・シンセやFMエレピと言われる、独特のきらびやかな、なんというかMTV感あふれるサウンドに。

40代の少年少女にはたまらん感じになったのではないでしょうか?

そして、対戦相手の加屋野さんの作品は、こちら!『ひぐらして』

↓以下、加屋野さんのコメントから抜粋

ラヴソングと言っても
ときめき ラブラブ 失恋 と広い範囲にして
俺が選んだのは なぜか失恋…

主人公は女性にして(だからオネエ言葉ではない)
過ぎ行く夏に重ねて 恋の終わりなんぞ…

さて 聞いて下さい! 「ひぐらして」
あまりに暗い曲なので 自分でものけぞってます
怪談話するBGMに オススメです!

↑抜粋ここまで

ドン暗い!暗黒ラヴソング!!!
でも印象にのこるし、歌としてクオリティ高いですよね。
インパクト負けしているので、けっこう悔しいです。

私のが「デコレーションケーキ」みたいで、加屋野さんのが「活造り」的で。音楽を作るのって、まったく楽しいもんだなぁと感服します。

かやのさんのウェブサイト:anonymous25.jimdo.com
かやのさんのYouTubeチャンネル:www.youtube.com/channel/UCfLfeiG_kC5YB4GmtXExn_w
かやのさんのInstagram:www.instagram.com/m0xam/

そして、次回は11月末日締切で「クリスマスソング対決」が決定しております。
加屋野さんと私だけではなく、ほかにも参加者を募集しもって(「しながら」の大阪弁)ガンガン作って行きます。

次回も、乞うご期待!

カテゴリー: こんな音楽やってます, 作詞・作曲対決!, 音楽, 音源リリース, 音源試聴 | タグ: , , , , , , , , | コメントする
1 2 3 4 5 6 68