BabySnakeの所有ディストーション・ペダル

歪ませ放題です
#distortion #pedalboard #pedals

歪ませ放題 #distortion #pedalboard #pedas

後列左から、tc electronic DARK MATTER、 BOSS MT-2 Metal Zone
前列左から、Marshall The Guv’nor(初期型)、Ibanez TS-5

ほかにもSansAMP GT2
SansAMP GT2

以下、自分なりの解説とレビューです。
もし、歪みペダルお探しで、参考になるようであれば、どうぞ


tc electronic DARK MATTER


DARK MATTERは、かなりローミッドの強い、大型アンプの、けっこうブーミーな
サウンドの歪みペダルです。

あまり細かく歪まないのと、意外にコンプ感が少ないです。

「ギター→DARK MATTER→アンシミュ(スピーカーエミュレータ)→小さめのスピーカー」でも、
「ギター→DARK MATTER→小型の練習用アンプ」でも、
なんとなく100Wのマーシャルを背にしたあの感じ、な音がでてくるのが凄い。


BOSS MT-2


BOSS MT-2は、もうおなじみの「ボスメタル」。名前に反してクランチから、
けっこうスラッシーな音まで、レンジが広い。

僕の中高生〜大学くらいまで、メタルキッズがみんな足元に置いてあって、
たとえば宅録でギター録ったら、ここからラインアウトで録ったものすごい音…

なことがよくあったので、どうもモッサいイメージだったりしたんだけど、

たとえばセッションに行く時に、あー今日はジャンル的にどっち系に行くのかな〜
という時に、コレ持っていけば、アンプのセッティング+手元ヴォリューム+MT-2で
相当融通がききます。


Marshall The Guv’nor made in England

Guv’nor(ガヴァナー)は、私が初めて手に入れた(友達から買った)ディストーションペダル。

当時持っていたアンプには、ディストーションチャンネルがあるにはあったけど、
それでは弾きながら「Smells Like Teen Spirit」のイントロごっこができない、
という理由でどうしても歪みペダル欲しかったので。

コレは、なんと、Made In England の初期型 Guv’nor で、なんかそれなりに
プレミアのついている機種らしいです。

音質は、低域がすっきりしていて、めっちゃいいです。クリーンブースターとして使ってもいい感じ。
意外にフェンダーのツインとかをドライブさせるとかっちょいい音がします。


Ibanez TS5


天下の名機、チューブスクリーマーの中でもTS5は、外見から「ゴキブリ」とか言われ、
スイッチも出来が良くなくて踏み損なう危険があり、チューブスクリーマーの中でも
なんだかとても不人気機種で、あっという間にディスコンされ、アマゾンで中古すら
流通していない様子です(苦笑)

しかし、私がチューブスクリーマー欲しいな〜と思っていた高校生の頃、
ちょうどこの「SOUND TANK」シリーズのTS5しか新品がなかったのですが、
迷うことなく買いました。ほかのはプレミアついてて高かったのと、
試奏したら、えらい良かったので。

思えば長い付き合いです。ブースターに使ってよし、思いっきりドライブさせてもよし。
どんなアンプの前に居ても使えます。

歪みに使う時は、ほかのTS系のペダルと比べてもミッド寄りで、いい感じでちょっと
「詰まる」音なので、シングルコイル系ととても相性がイイ感じです。
私はストラトでしかやってませんが、P-90搭載機と組み合わせたら
カッコいいんじゃないかな…。

実際の私の曲で紹介します。
↓ギター(Ibanez JEM77DY)からTS5、
↓そしてMarhsall 6100 のプリアンプを通してラインアウト→
↓そこからPeavy5150のキャビネット+SURE SM57のエミュレーター経由で
↓録った音です。(リードサウンド)個人的には、
↓すごく気持ちいい中域とコンプ感です。ちょっとフランク・ザッパっぽい?

In the Basement by BabySnake


TECH21 SANS AMP GT2


GT2は、私のリファレンスです。
最初は、Guv’norより深く歪むペダルが欲しかったのですが、色々と試す
うち、Guv’norを売ってくれた友達の持っているGT2がなんやかんやでいちばん
イイと思って、今度は自分で買いました。

とにかく汎用性が高く、高校生のときに手に入れて、結局ずーっと使い続けて
います。

特に、宅録をはじめてから、ラインでアンプサウンドが録れる、という恩恵を
ずーっと受けまくっています。

実際はキャビネットエミュレータを最終的に通すことも多いのですが…

サウンドとしては、何よりアンプタイプを「Marshall」にして、ハイゲインに
すると、なんともシルキーで、伸びやか、程よい圧縮感のあるリードサウンドが
得られます。さらにアナログドリヴンで、いわゆるディストーション回路では
ないので、手元ヴォリュームへの追随も素晴らしい。

用途としては、先述のライン録り対応、そしてたくさんのギタリストが直面する
「ジャズコ対応」!GT2は、JC120でハードロック、メタルサウンドを出すための
ほぼ完璧なソリューションであり続けました。インプットでも、リターンでも、
状況にあわせて使い分けられます。

さらに、Marshall JCM800をクリーンでバカでかい音にして、歪は完全に
GT2で作る、ということも可能。中域のEQで整えると意外と相性がいいです。

ただ、最近はマルチエフェクターに搭載のアンシミュで対応することが多く、
GT2は待機していることがおおいですが。

それでも私の心の中心に、本物のハイゲインマーシャル以上に、どーんと
存在しているのがGT2です。

BabySnakeのインスタグラムでは、けっこうプライベートというかどうでもいいことをつらつらとアップしております。

カテゴリー: インスタグラム, 機材ばなし, 音楽 | タグ: , , , , , , , , | コメントする

ラヴソング対決!『みんな君の瞳のせいで』VS 『ひぐらして』


唐突に新曲が登場した発端は、親愛なる調律師・楽器製作者の 加屋野木山氏とのお仕事での移動中「そういえばオレたちラヴソングって苦手だよね」というお話になり、そういえばコンペとかでない限り、そういうお題を絞って歌を作ることってないなぁと。では、定期的に競作しようじゃないデスか!ということで、まずは2018年・夏は「ラヴソング作詞・作曲で対決!」になりました。

BabySnake この夏の新曲『みんな君の瞳のせいで』

今回、私は村下孝蔵さんのようなみずみずしい歌が書きたいと思いました。そして、自分の中でラヴソングを聴いていたころ、というのを考えたら、やっぱり 中学生・高校生くらい、Mid’80sと思って作ったところ、キラキラ・シンセやFMエレピと言われる、独特のきらびやかな、なんというかMTV感あふれるサウンドに。

40代の少年少女にはたまらん感じになったのではないでしょうか?

そして、対戦相手の加屋野さんの作品は、こちら!『ひぐらして』

↓以下、加屋野さんのコメントから抜粋

ラヴソングと言っても
ときめき ラブラブ 失恋 と広い範囲にして
俺が選んだのは なぜか失恋…

主人公は女性にして(だからオネエ言葉ではない)
過ぎ行く夏に重ねて 恋の終わりなんぞ…

さて 聞いて下さい! 「ひぐらして」
あまりに暗い曲なので 自分でものけぞってます
怪談話するBGMに オススメです!

↑抜粋ここまで

ドン暗い!暗黒ラヴソング!!!
でも印象にのこるし、歌としてクオリティ高いですよね。
インパクト負けしているので、けっこう悔しいです。

私のが「デコレーションケーキ」みたいで、加屋野さんのが「活造り」的で。音楽を作るのって、まったく楽しいもんだなぁと感服します。

かやのさんのウェブサイト:anonymous25.jimdo.com
かやのさんのYouTubeチャンネル:www.youtube.com/channel/UCfLfeiG_kC5YB4GmtXExn_w
かやのさんのInstagram:www.instagram.com/m0xam/

そして、次回は11月末日締切で「クリスマスソング対決」が決定しております。
加屋野さんと私だけではなく、ほかにも参加者を募集しもって(「しながら」の大阪弁)ガンガン作って行きます。

次回も、乞うご期待!

カテゴリー: こんな音楽やってます, 作詞・作曲対決!, 音楽, 音源リリース, 音源試聴 | タグ: , , , , , , , , | コメントする

[ライヴ告知] BabySnake Live 2018-09-20 (木) 銀座ロッキートップ

2018年9月のライヴです!

オリジナルにカヴァーをとりまぜ、アコギ、エレキをあやつり、歌います!

Faceboookのイベントございます↓
www.facebook.com/events/583101158754727/

BabySnake :ギター&ヴォーカル
大阪生まれ。幼少の頃より両親の影響で幅広く音楽に親しみ、13歳でDavid Bowieのライヴ映像に衝撃を受け、ロックに目覚める。中学でキーボード、高校でエレキギター、大学で作詞・作曲を始める。’70年代のブリティッシュ・ロックの影響下、ハード&プログレッシブを根底に、宅録的な凝ったサウンド、内省的な日本語詞に明解なメロディを組み合わせた叙情性に加え、MTVエイジの綺羅びやかなポップワールドやギターへの偏愛、突然あらわれる変拍子やフランク・ザッパへの傾倒を含む、ヒネリの効いたポップな世界を展開。近年はルネサンス音楽のアンサンブルにも参加し、活動の幅を広げ、2016年にはみずからバロックギターの製作も行う。2014年よりギタリスト/ウクレレプレイヤーの山口岩男氏に師事。ライヴではエレキ&アコギにルーパーや打込みオケを組み合わせ、オリジナル曲に加え、TMネットワークから歌謡曲、キング・クリムゾンまでを独自のロックワールドにまとめ上げる。

当日は3ステージ制となっています。

1st Stage 19:30-20:10
2nd Stage 20:40-21:20
3rd Stage 21:50-22:30

1回のご入場で、すべてのステージをご覧いただけます。(入れ替え等はありません)

前売りチケット等はありません。下記の料金がかかります。
↓↓↓
カバーチャージ¥2000+テーブルチャージ¥300=¥2300×消費税8%=¥184でトータル¥2484
一桁はご注文とのトータルで切り捨て
※上記プラス、ドリンク&フードのオーダーをお願いします

※ロッキートップのウェブサイトにて、5%オフのクーポンをダウンロード、印刷のうえお持ちください!
www.liverocky.com/

なお、行き方・道順をブログに掲載しましたので、ぜひご参照ください。

ロッキートップへの楽な行き方(ベビスネ流)

皆様のお越しをお待ちしております!

カテゴリー: ライヴ告知 | タグ: , , , , , , | コメントする

80’s テイスト満載の 新曲『みんな君の瞳のせいで』

新曲ができました!
『みんな君の瞳のせいで』

親愛なる調律師・楽器製作者の 加屋野木山氏と「そういえばオレたちラヴソングって苦手だよね」ということで、2018年・夏はラヴソング作詞・作曲で対決!になりました。

ビデオのいちシーン

「BabySnake、ギタリストとベーシストを解雇か」みたいなサウンドですが、自分の中でラヴソングを聴いていたころ、というのを考えたら、やっぱり Mid’80sというのが出てくるのですね。そこで、まずはフィル・オーキー(ジョルジオ・モロダー)的な、ミョンミョン・シンセベースを作りまして、サビと冒頭の歌詞とメロディは明確にできていたので、それに合わせてまずシンセベースを手弾きで入れまして、そうすると結局循環コードになったので、次々とメロディが出てきました。

最初はもっとOberheimとかProphetとか、アナログシンセで行こうと思って、そのへんのパッド系で埋めて、ドラム音源は生っぽいやつのスネアとキックを、コンプでつぶしてゲートで切って、いかにもゲートリヴァーブではなく、EMTの鉄板リヴァーブをそれっぽく設定して、モノラルでかけまして、LINNぽくして、リズムパターンとしては「4つ打ちではない’80s」という感じでパターンを作りました。

で、面白かったのは、デジタルシンセっぽさということで、FMシンセで色々と置き換えていくと、FMよりむしろ’90年代のPCM音源のものがソレっぽい雰囲気なこと。UVI社の「Digital Synsations」が大活躍しました。もちろん、Logic Pro Xの「Retro Synth」と「Alchemy」もたっぷりはいっていますが。

私のギターは、この曲では味付け程度で。ラインで録って、なんと昔のLogic Proについていた「Guitar Amp Pro」で、ものによってはフリーのTS系プラグインでゲインを足し、ローを削っています。
ギターのセッティング

ですが、ですが!!
実はいま、強力な助っ人にギターソロを頼んでいます。受け取り次第、組み込んで再発表の予定であります。

ビデオはちょっとキモチワルイですが、ぜひお楽しみください!

カテゴリー: こんな音楽やってます, 音楽, 音源リリース | タグ: , , , , , , , | コメントする

ライヴより、マニアック


マイケル・センベロの「マニアック」の抜粋です。
ハードロック版にしてあります。大好きなエイティーズミュージックです。

カテゴリー: ビデオコンテンツ | タグ: , , , , , | コメントする
1 2 3 4 5 6 7 8 9 71